ビタミンC誘導体の美白・美容効果|どろあわわニキビ洗顔FI604

どろあわわを使った20代からのスキンケア|どろあわわニキビ洗顔FI604

MENU

ビタミンC誘導体の美白・美容効果

 

ビタミンC誘導体は美白や美肌に効果はあるけれど安定しにくく壊れやすいビタミンCを壊れにくくし、肌の中に浸透してから効果を発揮できるようにしたものです。

 

ビタミンC誘導体にはどんな美白・美容効果があるのでしょうか。

 

ビタミンC誘導体にはシミやくすみを予防する効果があります。

 

シミの原因は肌が紫外線に当たったことでできたメラニン色素です。

 

これは肌の奥にあるメラノサイトという細胞が作り出したもので、紫外線が肌にあたるとメラノサイトがチロシナーゼという酵素の働きを活発化させ、チロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニン色素へと変換してしまうのです。

 

ビタミンC誘導体はチロシナーゼの働きを抑制する効果でメラニン色素の発生を抑えるシミの発生を予防する効果があります。

 

また、すでに出来てしまったメラニン色素に対しても有効で、ビタミンC誘導体にはメラニン色素を淡色化する還元作用があります。

 

この作用でメラニン色素は色が薄くなるのですでに出来ているシミがだんだんと薄くなって行き肌を美白へと導きます。

 

また、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成も行います。

 

コラーゲンと言えば肌のハリや潤いを保つために重要な成分ですが、ビタミンC誘導体は肌に吸収されるとビタミンCへと変化し、肌にハリと潤いを与えます。

 

さらにビタミンCは高い抗酸化作用を持っているため、発生してしまった活性酸素の除去を行って肌が酸化して老化するのを抑える働きもあります。